【インプレ】激安中華カーボンホイール(sakya carbon)を購入!ZONDAとの比較も

ホイール・タイヤ
スポンサーリンク

エアロフレームのcervelo S2に乗り始めたのは良いですが、

似合わない事も無いけど、ZONDAだとイマイチ・・・

エアロフレームにはディープリムだろうという事で、
中華カーボンを購入する事に。

ただ、中華カーボンと言えども有名どころのICANやIMUSTは4〜5万するので中国通販サイトAliExpressで購入する事に。

その結果、かなり良かったので紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ストア選定

Aliexpressで購入する際には先ず、ストアを選ぶ必要があり、
購入者数もそこそこ多い、SAKYA CARBONを選定しました。

https://sakyacarbon.ja.aliexpress.com/store/132758

G3組で購入し、使用している方もいるみたい。

G3組で50mmディープの中華カーボンホイールを購入してみた
「軽量なホイールが欲しい」とずっと思ってきた。なぜなら純正ホイールの重量が前後合わせて2.3kgと超激重だから。一般的な入門ロードバイク完成車のホイールに比べたって重たいこのホイールは、いくら42mmディープでかっこいいといっても脚に辛すぎ

購入方法

基本的に、他の商品と変わらないので、以下を参考にしてもらえれば良いです。

ただ、異なる点として、購入後ストアに連絡し、

  • リム面の仕上げ
  • カセット種(カンパorシマノ)
  • ハブの色
  • スポークの色
  • ニップルの色

等を連絡する必要があります。(商品ページに記載あり)
私は以下の商品を購入しました。

34991.0¥ 17% OFF|ストレートプルR36 ハブロードバイクカーボンホイール 24/30/35/38/45/50/60/75/82/88 ミリメートルクリンチャーカーボンホイール管状カーボンホイール|bicycle carbon wheel|tubular wheelsclincher wheel - AliExpress
Smarter Shopping, Better Living! Aliexpress.com

ストレートプル仕様のスポークで、
ハブはアルミ&カーボンでまぁまぁ軽い

購入時は独身の日セールで2.7万円でした。

購入後のやり取りも信じられないくらいスムーズです。
基本的にgoogle翻訳をそのまま打ち込む感じで取引出来ます。

中華カーボンホイールのカタログスペック

  • 材質:東レ700C
  • リムタイプ:クリンチャー
  • リムハイト:50mm
  • リム幅:23mm(ワイドリム)
  • 仕上げ:3Kマット
  • スポーク数:F20/R24
  • スポーク:Pillar
  • ハブ:Stright プル R36 ハブ
  • 重量:1586 グラム (+/-30 グラム)

カタログスペックとしては上記の通り

単純に重量だけならZONDAと同等です。

配達期間

11月11日に注文し、11月23日の到着でした。
12日間かかったことになります。

独身の日セールという事も有り、時間がかかったのかと。

配達の経緯はこんな感じ。

注文が入ってからホイールを組むみたいなので発送まで時間がかかるようです。

到着・実測

購入してから12日、ようやく届きました。

赤いリムテープが見えます。

緩衝剤が十分入っており、適当な感じはしません。

既にカッコいい。。。

ありがちなバリの未処理や、カーボン積層のムラ等は認められず、仕上がりはかなり奇麗でした。

無難なマット仕上げがいい感じ。

また重量を計測してみました。

フロント
リア

フロント:686g
リア  :835g
合計  :1521g

なぜかカタログスペックのminより35g軽い結果となりました。
逆に心配になりますが、軽いロットで良かったと開き直ることとします(笑)

付属品

前後クイックと、専用ブレーキシュー、スポークが付属していました。

ブレーキシューは使用しますが、クイックはAliexpressで軽量タイプを購入しているのでこのまま未開封でしょう。

このクイックはマジでオススメです。

ホイール付け替え・見た目

早速ホイールを付け替えます。
タイヤは新たに購入したコンチネンタル グランプリ5000
チューブは同じくrace28

バルブ長は60mmを選定。
バルブエクステンダー等は不要です。

新品のタイヤだったのでめちゃくちゃ苦労しました。
ただ、同じタイミングでホイールを購入した先輩は中古タイヤでも苦労したとの事でした。(タイヤはグランプリ4000)
剛性が高いせいなのか、なんなのか原因は不明です。

めちゃめちゃいかつい感じになりました。。。

クランク側を手前にすればよかったですが、かなりカッコいい。
このかっこよさだけで2.7万円の価値はあるかと(笑)

ちなみにZONDA時は同じ場所で比較するとこんな感じ

ZONDA時
カーボンディープリム時

ちょっと向きが違うので単純な比較はしにくいですが、
かなり速そうな感じになりました。
コレで遅かったら情けないので頑張らないといけません(笑)

インプレ・ZONDA比較

ホイール換装後、早速ロングライドに出かけました。
コースは平地メインの140kmです。

ZONDAとの比較ですが、ZONDAはC15のナローリムで、タイヤはグランプリ4000なので、その差も考慮する必要があります。

漕ぎ出し

リムはZONDAより重そうで、漕ぎ出しはもっさりになるかと思いましたが、そうでもなかったです。
これは、ZONDAがわりと柔らかめなホイールなのに対し、中華カーボンはディープリムでそこそこ剛性があるためかと思います。

加速

漕ぎ出しはそこそこですが、25kmくらいからの加速はZONDA以上です。空気抵抗の低減と、剛性の高さが効いているのかと思います。

巡行

30km巡行がかなり楽になりました。
ZONDAで27〜8km巡行のつもりでスピードメーターを見ると30km出ているような感覚があります。
これは完全にディープリムによる空気抵抗低減効果でしょう。

乗り心地

これは正直大差ないです。(ZONDAも元々わるくないし)
ただ、剛性感のわりにそこまで付き当ては大きくない感じがします。
レーシング3や、キシリウムエリートよりはマイルドかもしれません。

ブレーキ性能

あまり効かないとの声も有りますが、私はそこまで悪くなったとは感じませんでした。
ブレーキシューによるところは有るのかと。
ただ、ヒルクライムには使用していないので、長い下り坂では不満が出るかもしれません。

総括

最初は不安がありましたが、購入して大正解でした。
2.7万円でこのかっこよさと走行性能は他のカーボンホイールの価格を考えると、めちゃくちゃ安いと思います。


はじめてのホイール交換ではZONDAがオススメされる場合が多いと思いますが、平地メインの初心者ローディーなら、最初から中華カーボンホイールを購入しても良いと思います。


平地ならブレーキの効きや発熱はあまり気になりませんし、
スピードも出せるので、メリットが多いでしょう。


ホイール交換に悩んでいる方は中華カーボンも選択肢に入れる事をオススメします。



「中国通販サイトデビューに、数万円を払うのはちょっと・・・」
と言う方にはカーボンボトルケージでトライしてみるのはどうでしょうか?

またはwiggleのPrimeカーボンホイールなら割と良心的で安心かと思います。

安くて軽くてカッコいいのでオススメです。


Primeはwiggleのプライベートブランド。
レビューも好評ですし。値段は倍以上しますがその分保証がしっかりしていると思えばありっちゃありかと。

Prime – RR-38 V3 カーボンクリンチャーホイールセット

ロゴは普通にかっこいいし、他人と被らないしいいかも・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました