Garminのスマートウォッチをサイコンとして使うメリット(初心者限定)

レビュー
スポンサーリンク

基本的にGPSサイコンとスマートウォッチ(腕時計型の心拍計)が2つともあると便利なのは当たり前ですが、初心者にいきなり両方揃えろと言うのは酷と言うもの・・・

・ロードバイクを購入したばかりでGPSサイコンや心拍計までお金が回らない・・・

・何かコスパの良い商品や方法はないか?

そのように考えている初心者に同僚10人以上をロードバイク仲間にした私がお答えします。

同僚の初心者にはまずはGarminのGPSウォッチをサイコンとして使い、安いサイコン(2000円程度)を併せて使う方法で始めたら?と勧めています。頻繁に確認するスピードや距離はサイコンで確認し、必要なログ(記録)はスマートウォッチで行うという考え方です。


安いサイコンは最悪不要です。ただ、腕時計の各種数値は正直見にくいのでスピードや距離を確認するために安いサイコンを導入するということです。

初心者限定ではありますが、この方式のメリットを記載します。

スポンサーリンク

メリット

トレーニングの強度が可視化できる

基本的に心拍計が付いていますので、ライド中の心拍数を測定できます。
ですので心拍トレーニングが可能です(先述の通り見難さは否めませんが)。


なんの気なしに乗るよりかは強度を把握して乗った方が、効率的なトレーニングができます。

強度の把握という意味ではパワーメーターのほうがふさわしいですが、それこそ初心者には「そんな高価なものがなんで必要なの?」状態かと思います。

サイコンより多用途(ライフログ、ランニング、非接触決済、他)

サイコンは自転車に乗るときしか使いませんが、スマートウォッチは日常的に使え用途が多彩です。
日常的に使えるものにはお金をかけても良いかと思います(サイコンは基本土日の使用がメインになるでしょうし)。


モデルによって出来ることに差がありますがざっくり下記が出来ます。

  • ライフログ(睡眠、歩数計、消費カロリー、他)
  • その他スポーツでの使用(ランニング、他)
  • Garmin pay(非接触決済)


機種によって出来ることはもっとありますが、メインどころはこんな感じ。


ライフログでは睡眠の状態を把握できたり、一日の歩数をカウントしたりできます。
(質の高い睡眠って意外と難しかったりします)

少し古いですが深い眠りが少なすぎ・・・


他のスポーツでの使用に関しては普及機だとランニングくらいしか使えませんが、上位機種になると水泳のような水中でのスポーツでも使用可能となります。


Garmin payはApple payのような非接触決済です。
(自分には縁がないですが)


ものすごいざっくりとした説明ですが、とにかくサイコンよりかは使う(使える)場面が多く生活の質が上がる可能性があると言うことです。詳しくはgarminのホームページを見てもらった方が良いですね。

Garmin | Japan | Home
航空、船舶、自動車、フィットネス&スポーツ、アウトドアなどのさまざまな市場に向けて、革新的なGPS技術をお届けします。


普通に考えて、週に1~2回しか使用しないものに何万円もかけるより、毎日使う物にお金を掛けたほうが費用対効果は高いはずです。


STRAVAとの連携

ガーミンコネクト経由でSTRAVAと連携できるので、アクティビティの際いちいちSTRAVAアプリを起動しなくてもよくなります。

本ページにも記載があります


ロードバイクを始めるならサブスクを登録しなくてもSTRAVAを始めた方が色々楽しいかと思います。
よく行くコース(セグメント)のタイムが縮まって行くのを確認できるのはモチベーションを保つ上で有効ですので。


スマホのGPSでも使用できますが、電池を消耗しますし、タッチパネルの誤作動でログが取れなかったと言う同僚を多数見てきました。(ほんと多いです)


そういった煩わしさから解放されます。

実はケイデンスセンサーやパワーメーターも認識できる

ご存知の方も多いと思うのですが、自分の周りの人は知らない人も多かったのでとりあえず紹介。


ANT+の形式のスピードセンサーやケイデンスセンサーと接続することができます。また、上位機種ならパワーメーターにも対応しています。ローラー台の結果をSTRAVAにUPしやすいです。




更に上位機種だとルート案内までついていたりするので見にくさを許容できればサイコン必要?と言う状態です。

オススメ商品

Garminのスマートウォッチをサイコンとして使う場合のオススメ商品を紹介します。

ForeAthlete 55

基本的なサイコンとしての機能はスピードセンサーとケイデンスセンサーの読み込みのみ。その分安価です。


心拍計測は可能ですし、機能は必要十分。私は前前モデルの35jを使用していますが、機能的に不満はありません。

vivoactive4s

この価格帯になってくると、他のスポーツやgarmin payにも対応してきます。水泳にも対応していますが、自動マルチスポーツ機能はないのでトライアスロンには不向き。


ForeAthlete 745

多機能アンド多機能


オフラインで地図が使えないこと以外は最上位機種とほぼ変わらないと言っていいのではないでしょうか?(電池の持ちの違いはあれど)


今の35jが壊れたらコイツを買おうかと思います。
パワーメーターにも対応しているので中級者以上も安心。


ただ、パワーメーターまで導入し始めると、サイコンも欲しくなってきているはず・・・

3機種比較

予算に応じて選べば良いとはおもいますが、3機種をざっくり比較するとこのような感じとなります。

ForeAthlete55vivoactive4SForeAthlete745
価格(税別定価)241123980044800
バッテリー(GPSモードのみ)20時間16時間16時間
防水5ATM5ATM5ATM
心拍計
スピードセンサー
ケイデンスセンサー
パワーメーター
Garmin Pay
コース案内
ランニング
ゴルフ
水泳
音楽再生
睡眠ログ

vivoactive4sと745に関してはここに書ききれないくらいの機能がありますので、コストの差は致し方ないかと。

ForeAthlete55も機能的には必要十分なのでサイコン代替とスマートウォッチデビューにはうってつけかと思います。35→45→55の進化の過程でバッテリー寿命が大幅に伸びています

最後に

この手法であれば、スマートウォッチへの投資は必要なものの、ロードバイク以外の用途も充実しているので、生活の質も上げることができます。

中古価格も落ちにくいので気に入らなければメルカリやヤフオクで売却してしまえば良いですし、まずは1番安いForeAthlete55から始めて、気に入ったらミドルグレードやハイグレード品にステップアップしても良いと思います。

購入の際はギフト券チャージを使うとより安く購入できそうです。

最大2.5%も還元されます

コメント

タイトルとURLをコピーしました