クロモリロードバイクの軽量化〜カーボンフォーク化に必要なもの〜

DIY
スポンサーリンク

クロモリロードバイクは一部の車種を除いて


基本的にめっちゃ重いです。


そうなると軽量化したくなってきますが、私が行った軽量化で最も効果のあった、カーボンフォーク化について必要な備品をまとめておきたいと思います。


0.5kgくらい軽くなりました。



というのも、結構パーツ選びで苦労したので、誰かの参考になればと思いまして。


ただ、その対象は、スレッドステム(クイルステム)のクロモリかつ、フォークがJISタイプ(1インチ&ねじ切り)になりますので、ほとんどの方は参考にならないかもしれません(笑)


アヘッドステムでフォーク径が1−1/8インチ(28.6たいていコレ)の方は以下のフォークを購入し、自転車屋さんでコラムをカットしてもらえば楽に軽量化出来るはずですよ^^

コラムもカーボン、300g台で軽量、割とよく聞く中華ブランド

こちらもフルカーボン、ちょっと重いけど、デザイン無地で好印象

アルミコラムで少し重いけど、その分強度面で安心。メーカー的にも安心。

スポンサーリンク

必要なパーツ

カーボンフォーク

カーボンフォーク化ですので、先ずはカーボンフォークが必要です。
旧タイプのクロモリロードはフォーク径が1インチ(25.4mm)です。
現行主流のオーバーサイズ(1−1/8インチ)のフォークは使用不可ですので注意が必要です。

ただ、1インチのフォークは絶滅危惧種で、カーボンフォークとなるとほとんど選択肢はありません。
ITA規格のフォークを買う事になりますが、JISとの違いはクラウンレース(ヘッドチューブ下側のベアリングと接触するワッシャーのようなもの)の外径だけですので、とりあえずは問題ありません

アルミコラムモデル(2万円程)

カーボンコラムで価格は倍近く・・・

このONEBYESUかTRIGONくらいになります。
あとはMIZUNOとか。

『MIZUNO -ミズノ- フルカーボンフォーク』
またもや買ってしまいましたフォークです今回は買ったフォークは以前から狙っていたのですが、なんせ古いの製品でして、中古品ばかりでコラムが異様に短い物が多く使えま…


ヤフオクやメルカリですと、1万円くらいで出てきますので、それを狙うのも手です。私はそうしました。

ヘッドパーツ

ヘッドチューブに圧入されているパーツですが、スレッドステムとアヘッドステムとでは機構が大きく異なるので入れ替えは必須です。

JISのヘッドチューブ内径(30.0mm)に対応するアヘッド用のヘッドパーツであれば問題ありません。


以下の商品であれば、ITA規格のクラウンレース(下玉押し)が付いてきますので、クラウンレースを新たに買う必要はありません。

私は、neko H630というヘッドパーツのセットを購入し、下記のITA規格用のクラウンレースを購入しました。
neko H630はヤフオクで購入出来ます。


TANGE タンゲ クラウンコーン CCFL250C7 カンパ用YHD03000 JIS用YHD02900 M 【スポーツ 自転車 パーツ ヘッドセット補修パーツ】


正直、ITAのクラウンレースが付いている奴にしておけば良かったです(笑)

ステム

今まで付いていたスレッドステムは使用不能ですので、ステムを購入しなければなりません。

内径が1インチのステムはほとんどありませんので、スペーサーを使う事を前提に購入しましょう。

ハンドルバーのクランプ径に併せて購入して下さい。


1インチフォークのクロモリには大抵25.4mmのハンドルが付いていると思います。

ステム用スペーサー

1インチのフォークを1-1/8にするためのスペーサーです。

あまり長すぎるとステムからはみ出てしまいみっともないですが、上記のステムであればぴったりでした。

コラムスペーサー

フォークのコラムに入れるスペーサーです。
フォーク長さに併せて購入ください。


ダイアコンペ アルミ製スペーサー 1インチ・1-1/8インチ 厚さ 5mm DIA-COMPE Aluminum Spacer

1−1/8を選ばないよう注意が必要です。

参考記事

DIY手法や、各種ヘッドパーツについてまとめられた記事はありましたが、何を購入したとかが、まとめられている物はあまり有りませんでした。

私はパーツ選定にかなり苦労したので、参考になれば幸いです。
また、DIYやパーツ選定に役に立った記事を載せておきます。

【ヘッドパーツの種類】サイクルベースあさひ

ヘッドパーツの種類 | 自転車・パーツの使い方・選び方 | サイクルベースあさひ
自転車-ヘッドパーツの種類・サイズ・互換性についてのご紹介。ご自身の自転車に取付可能かどうか事前にしっかり確認しておきましょう。

さすが自転車屋さん大手。説明も分かり易いです。

【ヘッドパーツの交換】ピチピチブログ

自作工具でフォーク交換とかヘッドパーツ交換とか : ピチピチブログ

文章も面白いし説明も丁寧で参考になります。
この方はもともとアヘッドフォークだったものをカーボンフォーク化したようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました