コスパ最高ビンディングシューズ dhb Dorica レビュー

dhb-dorica ウェア
スポンサーリンク

dhbというブランドをご存知でしょうか?

庶民のつよーい味方!海外通販サイトWiggle(ウイグル)
プライベートブランドです。

始めは海外通販という事もあり、不安もありましたが、

今ではコスパの良さから大のお気に入りです。

今回はビンディングシューズDoricaを購入してから1年経過したので、オススメポイントや使用感等を紹介したいと思います。

dhb Dorica ロードシューズ
スポンサーリンク

dhb Doricaのオススメポイント

見た目

先ずは何と言っても見た目です。

SPDーSLのビンディングシューズって総じて未来的デザインですよね。

ですので「このデザインはちょっと〜」と抵抗感を覚える方も多いと思います。

このDoricaはシューレースで縛るタイプですし、

クラシカルな外観ですので、そういった方にオススメです。

また、初心者のビンディングシューズデビューとなると、

シマノのRP1になると思いますが、こちらであれば、人と被りにくいかと思います。


シマノ RP1 SPD-SL/SPD両対応 ビンディングシューズ グラスファイバー&強化ナイロンソール ESHRP1PG450SL00 ブラック 45(28.5cm)
クラシカルな外観


機能・性能

いくら見た目が良いからといって、機能がイマイチでは困りますよね。

こちらのDoricaはそのようなことはありません。

底面には通気口が設けてありますし、シューレースで縛る事により、

フィット感が抜群です。

ただし、デメリットとしては着脱がめんどくさいことと、シューレースを編み込み目に納めておかないと、チェーンリングに絡まって危険と言う事があります。

底面の通気口①
底面の通気口②

表面に見える無数の穴の通気効果はあまり無いと思って下さい。


また、ビンディングシューズはペダリングと共に回転するため、

出来るだけ軽い方が良いですよね。

このシューズはクリートを付けた状態で片側291gでした。

RP1が255gで、クリートが20gだとすると275g

20g程負けてしまいましたが、悪くはない数字では無いでしょうか。


また、サイズ感ですが、コンバースオールスターで26.5の私は

EUR41 UK7でちょうどでした。




コスト

コスパが良いと良いつつも価格を記載していませんでしたね。

このシューズの定価は10500円です。

RP1に比べて高めですが、wiggleは年に何回かセールを行っています。

その際は7000円程度で購入出来ますのでオススメです。

特に年末年始に割引率の高いセールを実施しているようです。

また、初回購入者であれば1500円割引バウチャー(クーポンのようなもの)が使えますので、RP1との価格差もほとんど無くなると思います。

まとめ

Doricaは見た目も良く、機能も十分かつ、人と被りにくい

オススメのビンディングシューズです。

購入は年末年始のセール中に、1500円バウチャーコードを使用するのがオススメです。

dhb Dorica ロードシューズ

また、シューズだけでなく、ジャージ類もオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました