クロモリロードバイクにオススメなボトルケージ【ミノウラ dura-cage AB100】

ライト・小物
スポンサーリンク

クロモリロードバイクは乗り心地扱いの楽さといったメリットがありますが、

一番のメリットはその見た目ではないでしょうか。

なんといってもフレームの細さがいい感じ

エアロ形状のカーボンバイクもかっこいいですが、
細いフレームや水平なトップチューブは何とも言えない良さがあります。


そのカッコよさを邪魔しないためにボトルケージ選びは慎重に行いたいですが、
各理由からミノウラのdura-cage一択だと思いますので紹介します。

スポンサーリンク

クロモリロードバイクにdura-cageをオススメする理由

見た目

先ずは見た目です(笑)

クロモリロードを選んで乗っている方は
クラシカルな見た目が気に入っているはずです。


カーボンボトルケージはカッコいいですが、
クロモリに似合うかと言えば「?」だと思います。
(レーシーなクロモリなら有りかも)

dura-cageはシンプルでクラシカルな見た目で、
クロモリロードとのマッチングは良好です。

細身のケージがフレームに似合います


重量

クロモリロードバイクは基本重たいので、重量は気にならないかもしれませんが、

どうせ使うなら軽い方が良いですよね。
ジュラルミン製のこのケージは、線材の太さで重量が異なり、

4.5㎜:38g
5.5㎜:58g

となっています。

http://www.minoura.jp/japan/cage-j/ab100-j.html


38gであれば十分軽量と言えるのではないでしょうか。
(さすがにカーボンにはかないませんが)

使い勝手

口が広いので入れやすいし、出しやすいです。

ボトルの締結力も十分ですし、あまりオススメは出来ませんが、
手で曲げて調整することもできます。

口が広いです。


コスト

このケージは一個1000円程度と、比較的安価です。

ボトルケージは同じデザインのものを2つそろえた方がかっこいいですし、
1個当たりのコストが低めなこの商品は2つ購入しても財布に優しいです。

定番中の定番の商品化とは思いますが、
コスパもいいですし、クロモリにはこのボトルケージを購入しておけば
間違いないかと思います。

色も豊富にあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました