ホイール・タイヤ

スポンサーリンク
ホイール・タイヤ

クリンチャーからチューブレス化で軽量化!効果を検証

GP5000のクリンチャーからFomula pro S-Lightのチューブレスに変更したので、インプレを記載します。結果大きく変わらずでした。
ホイール・タイヤ

チューブレス化による軽量化を検討

チューブレスレディホイールをクリンチャー仕様からチューブレスレディ、ピュアチューブレス仕様に変更する際の重量を試算、比較してみました。チューブレスレディが最軽量となりましたが、シーラントとどう付き合うかがミソとなりそうです。
ホイール・タイヤ

チューブレス対応ミドルグレードカーボンホイール比較

チューブレス対応かつカーボンでディープリムのホイール、しかも軽くて安い!というのが理想ですが、中々そのようなものはありません。私はSCOPE R4Cを購入しましたが、候補となったホイール含めて比較したいと思います。
DIY

ホールロゴを塗装してイメージチェンジ

購入したホイールのロゴがイメージと違ったので、ペンで塗装してみることにしました。カッティングシートも検討しましたが、お手軽でやり直しがしやすく、わりとオススメな方法だと思います。
ホイール・タイヤ

SCOPE R4Cと中華カーボン比較インプレ

各方面で高評価の多いSCOPEのホイールR4C(旧モデル)を入手したので、インプレを記載します。主に中華カーボン(SAKYA CARBON)との比較になります。
ホイール・タイヤ

レーシングゼロナイトC15、中華カーボン、ZONDA C15のヒルクライム比較インプレ

レーシングゼロナイトC15を入手したので、ZONDAと中華カーボンとの比較インプレを記載します。完全な比較とは言えませんが、結果的にレーシングゼロナイトで激坂ヒルクライムのタイムが大幅に更新できました。
ホイール・タイヤ

コスパ抜群ロードタイヤ「LITHION2」を購入!ウルトラスポーツ2との重量比較も

ミドルグレードタイヤと言えばultrasports2押しでしたが、ミシュランのLITHION2(リチオン2)を購入した所、結構良かったので、レビューを記載します。ちょっと高いけどコスパ抜群です。GP4000や5000とも比較してみます。
ホイール・タイヤ

初心者にオススメ「ウルトラスポーツ2」について、GP4000、GP5000との差は?

初心者にオススメのタイヤといっても置かれている状況は人それぞれ。新規でタイヤが必要な初心者にとってはUltra SportⅡは文句無しにオススメです。同メーカーのGP4000,GP5000との性能、価格や重量とも比較してみます。
ホイール・タイヤ

コンチネンタルGP5000を購入!最安はどこなのか?GP4000との比較も

初心者のころからコンチネンタルGP4000S2を使ってきましたが、中華カーボンディープリム導入をきっかけにGP5000を購入しました。最安ショップや、簡単なインプレ(GP4000との比較)、初心者にはどうなのかを記載します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました